会社案内
◎Voice No. 004

未来を創る都市計画
-笑顔になるまちづくり-

稲垣貴政(40歳) 本店都市整備部課長
技術士(道路、都市及び地方計画)

“まち”をつくる仕事

私は入社以来、道路計画や都市計画という分野に携わってきました。現在の私のセクションで扱う「都市計画」とは都市(まち)のあるべき姿をイメージし、具体に表現する役割を担っているものだと思っています。
私たちはその“まちの姿”を具現化していくために、調査や計画、設計のみならずマネジメントやコーディネーターとしての役割を担う仕事もしています。

地域の皆さんとともに

皆さんにも個性があるように、まちにも個性があり、地域によって非常に多岐にわたる課題を抱えています。
業務を行っていく中では、子どもたちの未来のためにと、地域の課題解決に向けて自分達のまちのことを真剣に考えていらっしゃる地元の皆さんの熱い思いに触れる機会も多いです。その度に、多くの人達の思いや努力を無駄にしないような計画づくりを行うことの重みを再認識し、それらに関わることのできる喜びを感じます。
また、住民参加の心に残る業務があります。地域の公園整備に向けて“こどもワークショップ”を開催し、子どもたちに自由な発想で創りたい公園を絵にしてもらいました。子ども達が思いのままに公園の姿を想像し、楽しそうに絵を描いている姿をみて、モノを創造していく“楽しさ・ドキドキ感”を再認識させてもらいました。

創造する楽しさを一緒に

皆が暮らしやすい快適なまちは多くの人々の努力の結晶です。行政や住民とともにまちを創っていく楽しさを一緒に共有しましょう。皆さんの自由な発想と創造力のスパイスがより良いまちづくりに加わることを楽しみにしています。