会社案内
◎Voice No. 005

創造力やアイデアを活かす仕事
-つくるから賢く使う時代へ-

高平 薫(41歳) 札幌支店技術部長
技術士(総合技術監理部門:道路)

道路の仕事

私は今年で入社20年目になりますが、入社以来、道路設計や道路計画の業務に従事しています。ただ、一言で道路設計といっても、ルート選定や施工計画、工事に向けた詳細設計など多岐にわたっており、また、道路計画では路線計画や整備効果分析、事故や渋滞削減に向けた分析・対策など、幅広い分野の業務を行っています。最近ではインフラを「つくる」ことから「賢く使う」ための知恵が求められており、時代とともに道路に求められる役割も変わってきています。

地域のいのちを守るために

インフラを賢く使う業務で印象に残っているのは、ドクターヘリの臨時離着陸場を増やす取り組みを行ったことです。ご存知の通り、北海道は九州の約2倍の面積を有しており、都市間距離も長いなど広域分散型地域構造を有しています。そのような広い北海道では、救急搬送用のドクターヘリが4機活躍していますが、冬期には積雪の影響により臨時離着陸場が夏場の1/4にまで減ってしまい、搬送時間が長くなっています。道路で何か支援できることはないか?と考え、除雪ステーションや道の駅駐車場など、冬でも常時除雪されている道路付帯施設を臨時離着陸場として活用する取り組みを提案しました。それが全道展開することになり、今では、冬期利用可能な臨時離着陸場が当時より約150箇所増え、その結果、搬送時間が短縮するなど、一分一秒を争う救急現場で非常に大きな貢献をしています。

建設コンサルタントを目指す皆さんへ

「土木は経験工学だ」という方もいるかもしれませんが、私は建設コンサルタントという仕事で一番重要なのは創造力やアイデア、そしてそれを活かす行動力であると考えています。若い皆さんの創造力やアイデアを、我々と一緒に業務にぶつけてみませんか!!